生前贈与で相続税対策

2015年からの相続税法改正は多くの反響を呼びました。
相続税の対象となる金額が4割程低くなったために、多くの人に影響を与える税金となったのです。
本来でしたら資産家以外はあまり気にしなくていい税金だったのに、中流家庭の人々にも相続税か課されるようになったのです。
相続税は高額な税金を納めなければならないので、負担が大きいのです。
そのため、生前贈与などの節税対策が注目されており、実践しようとしている人が多くなっているのです。
失礼なことをいいますが、ある日突然自分が死亡するという可能性は誰にでもあるのです。
節税対策を取らずに急死してしまうとご子息の負担が大きくなってしまうので、今のうちに生前贈与などで節税対策を行いましょう!

 

イメージ

 

生前贈与とは相続税の節税対策として最も注目を浴びている方法です。
自分が死亡する前に、財産を与えておきたい人に贈与税がかからない程度に贈与という形で財産を分けていくのです。
すこしずつ生前贈与を進めておけば、相続税の負担を徐々に減らしていくことが可能なのです。
年間110万円までの贈与でしたら贈与税の対象とならないので、徐々に財産を贈与していくことが可能となっています。
ただ、あまりにも露骨にしていると節税対策であることが税務署にバレて、追徴課税をされる場合があるので注意が必要です。
そういったことの対策を含め、生前贈与に関しては色々と研究が必要です。

 

残念なことですが、相続を巡って親戚同士が揉めるというのはよくあることです。
お金に関わることですので、それまで表面上仲良くしていた親族同士が急に不仲になるといったこともあるのです。
自分が最後に残したものでトラブルが起きてしまうのはできるだけ避けておきたいところです。
2015年の改定は今までの常識をひっくり返すような改定といえますので、生前贈与などをすこしずつはじめて、相続税の対策をとっておきましょう。