贈与税とは

イメージ

日本では財産や土地を他人に贈る時に贈与税という税金が発生するのです。
そのため、親が子供に土地を与えたり、子供が親にお金を与えたりする際に税金を払わなければならないのです。
この贈与税は2015年に相続税法の改正が行われた影響で、現在注目を集めている税金となっています。

2015年の相続税法の改正によって、相続税の基礎控除額が引き下げられてしまい、相続税の対象となる相続の幅が広がったのです。
相続税は高額になるため、せっかくの相続金が国に大分税金として徴収されてしまうため、テレビなどでも騒がれていました。
相続ばかりでお金が動かないと経済が活性化できないため、相続税の改正は仕方のないことかもしれませんが、節税できるのでしたら節税したいというのが本音だと思われます。
そこで、注目を集めているのが「贈与」という方法です。

贈与とは、個人が別の個人に無償で財産を与えることをいいます。
相続で財産を与える場合は相続税が発生する場合がありますが、生前に贈与していることで相続税の対象とならなくなるのです。
そのため、相続税の節税対策で贈与は注目されてきているのです。

しかしながら、贈与でもまとまったお金や土地だったりすると贈与税という形で税金が発生するのです。
そのため、大金の贈与を行いますと贈与税が発生してしまうこともあるので、注意が必要なのです。
とはいえ、全ての贈与に税金がかかるわけではなく、中には税金がかからない贈与もあるので、そういった贈与で節税対策を行っていくのです。

贈与をしっかりと研究して行えば贈与税や相続税がかなり節税できることもあるので、ぜひ贈与することを検討してみましょう!

離婚を決めた夫婦も、財産分与は色々ともめます。同じ立場だからお互いに譲り合えないので、どちらかに非がある場合はその非を認めさせるくらいの証拠を用意しましょう。例えば旦那の浮気が原因で離婚を決めた場合は、浮気現場を証拠として抑えることが大事です。そこは自分で動くよりもプロに任せた方が安心です。探偵を雇うのはお金がかかるので躊躇するかもしれませんが、その後の慰謝料や財産分与がかかっているので、先の事を考えて行動することが賢明です。とは言え、相談や見積もりだけなら無料なのでhttps://detective-channel.comで確認してください!